上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォーリー
汚染された地球にゴミ収集ロボットを残し、5年間のレジャーと称して、大部分の地球人は宇宙船に乗って宇宙へ飛び立った。
しかし、真の目的は地球に植物が繁殖できるようになるまで、宇宙で生活することだった。

700年後、地球にはゴミの山とともにスクラップとなったゴミ収集ロボットもいる中、1台だけ活動しているロボットがいた。
名はウォーリー。
友達はゴキブリ(?)一匹だけで、ゴミの回収をする一方、ゴミの中から見つけたものを宝物として収集していて、ミュージカルを観たことで友達と手をつなぎたいという願望がでてきた様子。

そこへ現れた宇宙船から飛び出した探査ロボットのイヴ。
(つり目で、どちらかというとかなりの悪党顔をしてるのだけれども、ストーリーが進むにつれて可愛く思えてきます)
イヴは短気な強いロボットで、ちょっとでも動くものがあると、無条件に破壊します。
私は、最初、別の惑星から来たロボットかと思いました。
地球人が地球の生物を探査するために送り込んだロボットが、動くものを即座に破壊ってアリ?

なんとか仲良くなったウォーリーは見つけていた植物をイヴへプレゼントしますが、植物を発見するために地球へやってきていたイヴはそのまま、迎えに来る宇宙船を待つために待機状態(活動停止)に入ってしまいます。それを知らないウォーリーは故障したと思いこみ、屋上に引っ張っていって太陽光を浴びせたり、雨が降ると落雷に遭いながらも傘を差し掛けたり、とってもとってもいじらしい。

心配なウォーリーはとうとう迎えに来た宇宙船に飛び乗って、イヴを追いかけます。
到着したのは地球から飛び立った宇宙船の中で最も豪華なアクシオム号

宇宙船の中の人類は歩くどころか立つことさえもしない、全てをロボットまかせのグータラぶり。
おかげで体系は全員がおデブ。

地球に植物が芽生えたことを知ったアクシオムの艦長は地球へ戻ろうとするが、アクシオムのコンピュータが反乱を起こし、、、、



ウォーリーがイヴを追いかける様が、とても一途なんだけど、そんなウォーリーの気持ちにイヴが少しずつ気付いていくところが見事に描かれています。
ウォーリーとイヴの宇宙でのランデブーシーンがとても楽しそうで愛らしい。
ウォーリーとイヴ以外にも、モという名の神経質な清掃ロボットや傘ロボットなど可愛いロボットが登場します。


手を繋ぐというのが全編を通してキーワードになっているようだけど、よく意味がわからなかったです。


あと、日本語字幕では地球上の古新聞の記事や店の看板の一部が日本語表示になってますよ。
また、宇宙船のコンピュータの声をシガニー・ウィーパーが演じてます。この人、こんな優しい声だったんですねぇ。

評価 ★★★★☆




『読んだよ~。でもコメする暇ないよ~』って方は
おきてがみをば(笑)。後ほど訪問させていただきます。
置き手紙バナー緑小

ついでにポチッと→にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ e_03.gif
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。