上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにTVドラマを見た。
アクション、スピード感。Just My Type!!

不満はただ一つ。あの主演女優の吹き替えしている人(黒木メイサ?)。なんとかならんもんか。
萎えるんだよなぁ・・

あの女優さん、可愛いし演技もうまい人じゃないのかなぁ。

それが、あの台詞回しですごく下手に見える。

どうして、吹き替えにプロの声優さんを使わないのだろ?

来週はもう見ないだろうな。

DVD化されたらレンタルして韓国語で見よう。



『読んだよ~。でもコメする暇ないよ~』って方は
おきてがみをば(笑)。後ほど訪問させていただきます。
置き手紙バナー緑小

ついでにポチッと→にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ e_03.gif
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 



スポンサーサイト
宮崎あおいって好きなんです。
「害虫」と時から、気になってる女優さんで、この人の出演している映画は殆ど観てると思います。

最近のTVCMなんかを観てると、ホントに可愛くなりましたね~ぇ。

いいですね。成長するにつれて綺麗に可愛くなっていく女性は。

この映画は、プロダクションに派遣で努めていた女の子が、何の興味もないパンクロックグループをネットで見つけて、早速契約交渉に。

そのネットのアクセス数が10万アクセスを、あっという間に更新しちゃったもんだから、ぜがひとも交渉成立にもっていって、契約年数を延ばそうと張り切って行ってみたら・・・
なんと、50代のおじさん達のグループだった。
おまけに、リードボーカルは体は不自由で、おまけに舌がよく回っていないというとんでもないグループ。

宮崎あおい扮するカンナちゃんが、めちゃくちゃ可愛いんだわ。
よく見かけるようなブリッ子でもなく、とんでもない頑張りやさんでもないのだけど、さばけた感じで、ある時は幼く、ある時は強気で、、

いいんですよ。まさにJust My Type!!
こういう女の子大好き!!

かなり、宮崎あおいがはっちゃけてます!!

一昨年前、結婚した時はショックだったけど、見る目は確かだったな。自分。

ただ、木村祐一(キム兄)がなんか合ってないんだよね。
キム兄のぼーっした感じは嫌いじゃないんだけど、この映画の役にはちょっとって感じ。
他の俳優さんじゃダメだったのかなぁ・・・

ということで、★★★★



『読んだよ~。でもコメする暇ないよ~』って方は
おきてがみをば(笑)。後ほど訪問させていただきます。
置き手紙バナー緑小

ついでにポチッと→にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ e_03.gif
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 


目を手術以来、できるだけ気楽に見られる映画を探してます。

この映画、久しぶりに笑えました。
ジャンルはラブストーリーものになるのかなぁ。
もともと、ラブストーリーは好きではないのですが、この映画をレンタルした理由は、気楽に見られそうという以外に英字幕があったという非常に単純な理由だったのですが、高校生を題材にしたラブストーリーは、僕にあってるのかもしれません。

ストーリーは、背が高いためにふられた女の子と、背が低いためにふられた男の子が同級生になり、お互いにいなくてはならない存在になるというものなのですが、その過程が見ててほほえましいのですよ。(^_^)
最初は漫才師のボケとつっこみみたいな関係(どっちもつっこみみたいですけど)だったのが、恋というものを意識するにつれて、気楽さがなくなりギクシャクした気持ちに・・・

「あまり優しくされると、告白したときに全てを失ってしまいそうで怖い」という思春期の想いもよく伝わってくるし、好きなのに思わず反抗的な言葉をなげかけてみたりする態度も自然にみえてくるし、微笑ましいなぁ。
主人公の女の子(演じているのは藤澤恵麻)。ただ気が強いだけかと思ってたら、一途で優しくてホントにいい子なんだよなぁ。
その子が友達に励まされたり、叱られたりしつつ最後の最後に・・・

終わりの方のバスケットの試合の得点シーン。あれはルール上反則なんだけど、まぁいいか。
よくやったと言いたくなります。

あっ、最近人気が出てきている水嶋ヒロも友達役で出てました。(チョイ役じゃないですよ)
ファンの方は一見かも。

ほかに主人公の女の子のお姉さん役にシズちゃん。
担任の先生役に温水さんも出てます。

全体的に笑えるし、微笑ましいし、高校生がみんな可愛くみえてくるし、優しくなれる映画でした。

評価 ★★★★

最近、記事は短めですけど、文字を打つのに集中力が続かなくて、買いたいことの半分も書けていないけど勘弁ね。
(長くても伝わってない気もするけど(^_^;))



『読んだよ~。でもコメする暇ないよ~』って方は
おきてがみをば(笑)。後ほど訪問させていただきます。
置き手紙バナー緑小

ついでにポチッと→にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ e_03.gif
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 

この映画が上映された直後の評価はあまりよくなかったので、期待していなかったのですが、そんなにつまらない映画ではなかったですよ。
私の場合、映画はあまり期待していないものの方が結構楽しめるみたい(^_^;)

テレビのスポットCMで流れてるように、ブルマは可愛い俳優さんが演じてたので、それだけで評価があがったのかも・・・

原作では7つのドラゴンボールを集めるためにいろいろな冒険をしていくのだったように記憶しているのですが、その物語を取り込むのは映画では無理なんでしょうね。
結構、簡単に集めたように感じました。
ほとんどは、悪役のピッコロが集めるのですけどね。

でもCGはよくできていたと思いますよ。
前半の悟空の高校生活の部分は不要じゃない?

チチやブルマが強いのと、悟空の育ての親の名前が「御飯」というのにちょっと違和感があるのと、御飯(70歳という設定)の師匠である亀仙人の俳優さんが、どう見ても若すぎるだろうとは思いました。

漫画やアニメのドラゴンボールの実写版に変に期待感を持たなければ、楽しめる映画だと思います。

評価 ★★★



『読んだよ~。でもコメする暇ないよ~』って方は
おきてがみをば(笑)。後ほど訪問させていただきます。
置き手紙バナー緑小

ついでにポチッと→にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ e_03.gif
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 

しいなえいひ(「椎名英姫」 この映画では かな表記になってたので、以下、かなでいきます)さん主演のSF・バイオレンス・血飛沫映画です。

現代より少し先の時代、警察は民営化され秩序を保とうとしている。ただし、あくまでも警察株式会社なので利潤を上げるための秩序。
そこには情状酌量とか慈悲とかいうものは、全く存在しません。

犯罪者を取り締まる(映画の中では軽犯罪と重犯罪の区別はなく、みんな殺すか重傷を負わせていたみたい)だけでなく、エンジニアと称される無差別殺人者達との抗争にあけくれている。
このエンジニアというのは、鍵型の腫瘍を埋め込まれることにより傷ついた箇所が武器に変形するというミュータントなのですが、ストーリーがすすむにつれて、この腫瘍の発生原因や悪玉の思惑が解明されていきます。

しいな姫演じるルカは、尊敬する警察官のお父さんが目の前で殺され、意志を継ぐ形で自分も警察官になり、エンジニアと闘うのですが、この殺し方、殺され方が派手なスプラッターとなってます。
SAWという映画が、ある程度時間をかけて体を痛めつけるのに対し、こちらの方は一瞬です。
あっという間もなく、頭は飛び散るし、腕は切断されるし、血の飛び散る量が生半可じゃありません。
しいな姫のおしりを触った痴漢なんぞは両腕切り落とされてしまいますもん。(あったり前ですよ。しいな姫のおしりを触ったんですもの、両足残っているだけ良かったと思わなきゃ。それでも不満そうな顔をしたら首を切り落とされますよ(^_^;))
その両腕から飛び散る血飛沫を番傘をさしてよけるシーンなんざ、昔の東映映画みたいでした。
立ち去る時のセリフが「痴漢は完全な犯罪です。」だってさ、、、
(えん罪だったらどうすんじゃぁ~とか、せめて指1本にまけとけやぁ~とか、やぼな事を考えてはいけません。被害者は美しいしいな姫だし、やりかえしたのも美しいしいな姫なんですもん)

このしいな姫の登場シーンもよかったです。
バズーカ(ロケットランチャーかも?)を持ってパトカーを降りれば、普通、敵のいるビルの最上階に向けて撃つでしょ。
しいな姫、そんな分かり切ったことはしません。バズーカを逆噴射させホバー代わりにして屋上まで飛んでいってしまいます。屋上に着地してから見栄をきるまでのシーンがこれまた色っぽいというか女らしいというか、このシーンだけで虜になってしまいました。

ボスキャラのエンジニア(キーマン)がユニークで、両目がカタツムリのツノみたいに飛び出してます。
あげくの果てにその両目から弾丸を発射します。(どうも弾無制限みたい。両目はどこで負傷したのでしたっけ?見逃したかな?)
もう一人、目玉が飛び出している女のエンジニアがいましたが、雨が降ったら傘さしても絶対濡れるなぁとかよけいな事を考えてしまいました。このあたりはまさにマンガの世界です。

他に、映画内のTVCMの「警官募集」は、スター・トゥルーパーを彷彿させてくれますし、「ストップ・ザ・腹切り」、「リストカット専用カッター」ってなんのパロディだっけ?かなり笑わせてくれます。

全体的に血や体の一部が飛びまくりなので、こういう映画で貧血を起こしたりした方は見ない方がいいのですが、グロさや派手さをしいな姫が持ち前の『静』と『涼』で中和させてくれてます。
主演をしいな姫にしたのは大正解だと思います。

この映画に警察機動隊隊長役で出演されている紅井ユキヒデさんのブログ
★Yukihide Benny's World.★邦画天国
を見せてもらったのですが、『東京残酷警察』の撮影風景やエピソードがたくさん掲載してありました。(^^)/
仕事中なのでざっと観ただけなのですが、他にも観たことがある映画(『ハード・リベンジ、ミリー』や『片腕マシンガール』、『ミートボール・マシン』)の記事もあって楽しめそうです。
『ハード・リベンジ、ミリー』の続編も今年の夏に公開予定だとか、、
(水野美紀さんがデビューしたての頃はアクション女優でいくのかなと思ってたんですよ。今度のは長めの映画だったらいいのになぁ)

この映画の最後では、自衛隊株式会社ができてしまう上に、キーマンと硫酸女子高生が連れ添ってどっかへ行くし、「more~~」というスーパーが出ます。
ということは当然続編があるということですよね。
主演はもちろん、しいな姫で。



話は変わるのですが、ベニー・ユキーデという格闘家っていませんでしたっけ?
マンガの主人公の名前でしたっけ?
いえ、『紅井ユキヒデ』さんという名前で思い出しただけなんですけど・・・


e_03.gif にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。