上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
容疑者Xの献身
好きな俳優の一人、北村一輝さんだけでなく堤真一さんが出演しているので、レンタル開始してすぐにでも観たかった映画だったのですが、しいな姫に夢中になっていたので今頃になってしまいました(^_^;)。

この映画はテレビドラマの『ガリレオ』の劇場版です。
原作を読んでいたのでストーリーは知っていたのですが
一瞬のカットに重要なヒントが隠されているのは映画ならではですね。
(このカットは原作を読んだ方か、この映画を最後まで観た方でないとわからないかも)

テレビのように、物理的な理論を披露してトリックを暴くのではなく、
「vs. ~知覚と快楽の螺旋~」も劇中では流れないので、リズム感は落ちています。
(主人公の湯川が数式を書いて推理を検証するシーンもなかったし)


ストーリーは、思わず殺人を行ってしまった花岡母娘を警察は疑うのだが、彼女たちには完璧なアリバイが。
その影には、隣の住人(天才的な数学学者・石神)の練りに練ったトリックが隠されていた。

なぜ、その石神が花岡母娘を救おうとしているのか、花岡は助けてくれる石神をどこまで信用していいのか、原作ではその葛藤も書かれているのですが、映画ではちょっと物足りなかったかなぁ

終わりの方に、「えっ、○○じゃなかったの?」という驚きがあります。(トリックものではお約束ですね。ただし、これが推理ものにしてはちょっとズルい)
旅館の部屋をきれいにふき取っている石神のシーンは絶対必要だと思ったのですが、それがなかったので、「え~っ?? いくらなんでも、そんなんじゃすぐにバレるでしょ!」と思うのは私だけじゃないはず。

献身愛がテーマなので、全体的に暗めなのは止むを得ないところ。
残念なのはダンカンのキャラがあってないんですよ。
もっと、松雪泰子が一緒になりたくてしょうがなくなるような感じの俳優さんは使えなかったのかなぁ?
なんか胡散臭いんですよねぇ。
倒叙物(先に犯人を教えておいてそのトリックを暴く過程を描く方法)でなければ、こいつが一番悪い奴に見えてしまいます。(>_<)

メインキャラの石神への信頼が疑惑へ変わる心情をもっと強く表現して、最後の最後に石神の愛し方に気付くようにした方が、演じている堤さんの叫びがもっと衝撃的になったのではないかな。

エンディングテーマの『純愛』はいい曲ですね。この映画の表現したかったであろう『愛』についての考え方がこの曲に救われているのは否めないと思います。


以下、この映画を推理をしながら見ようと思っている方へのヒントです。
・はじめの方にホームレスの人達が生活しているシーンが流れますが、その後のシーンでは一人の住処だけ整理されてます。
・草薙と内海刑事が初めて花岡を訪ねるシーンで
 刑事 「10月2日の夜はどこにおられましたか?」
 花岡 「えっ!・・・ 10月2日ですか?」
 というセリフがあります。


本と映画は違う文化だと心得てますので、比べる気はないんですけど、原作の石神は禿で小太りだったはず。堤さんとはイメージのギャップがかなりありました。(堤さんがそんな扮装をしたらコメディになっちゃいますが(^_^;))
でも、頭脳明晰・冷静沈着な石神を演じられてたと思います。




にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ e_03.gif
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 

スポンサーサイト
ブログ更新は滞っているのに、こんな無謀なことをしていいのか?
という不安は大いにあるのですが、ブログを二つに分けました。

こちらは、これからDVD鑑賞オンリーでいきます!!

他の記事は
気ままなアニムス
に書いていこうと思ってます。

映画の記事ネタはたくさんあるのですよ。
だから安心(^_^)v

あとはやる気だけじゃ


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ e_03.gif
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 

一人で没頭できる仕事がいいですね。
おもちゃ(フィギアとかプラモデル)屋さんで、1日中子供達のために(というのはもちろん言い訳で、自分が一番楽しんでいるんですけど)作ったりするのが好きなんですよ。
チームを組んであるプロジェクトに取り組むというより一人ですることの方が好きです。
そういう意味では、今の仕事は合ってると心底思ってます。(あぁ、シアワセだなぁ~~)
好きな音楽を聴きながら、夢中になれるものがあって、それでご飯食べられればいうことなしです。(ある意味キセキですね)

今したい事、、、
ブログを2つに分けようかなぁ・・・などと更新も滞っているくせによからぬことを考えてます。
できれば、Wordpressをいじくりまわして・・・
ハハハ、ちっちゃい夢ですね。やり始めると記事をかかずに、レイアウトや機能ばかり変更してそう(>_<)

ここのところ、DVDを探している時にBGMでかかっていたeLEQUTE(エレキュート)の曲ばかり聴いてます。
さすがに、仕事中ガンガンかけるわけにはいきませんが(^_^;)




にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ e_03.gif
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 



そりゃなんてったって、しいな姫(椎名英姫)でございますとも(今は)。
『東京残酷警察』を観てからというもの、世界中で唯一の女性となってしまっています。

DVDを観てもあまりにも記憶がいい加減なので(先日書いた、目玉の飛び出したミュータントはミュータントではありませんでしたm(_ _)m)、一度にたくさん借りるのを止めて、1本1本をじっくり観ようと反省していたのですが、先週の金曜日(半額というのもあり)には、『アニムスアニマ』、『ホールドアップダウン』 、『Jam Films 2』、『ユリイカ』、『きょうのできごと』を借りてしまいました。(^_^;)
(残念なことに『オーディション』がない!! 澁谷の結構大きなお店に行ったのですが、置いてなかった(>_<) 真っ先に観たい映画なのにぃ・・)

なんといっても、しいな姫は、世界中で一番、刃物が似合う女性だと思っとります。(←女性たるもの、こういうふうに言われても嬉しくないでしょうけど、自分としてはしっかり誉めてるつもりなんですよ。『キル・ビル』はつまんなかったし、『ICHI』は主役がタイプじゃないので多分観ないだろうし。)
刃物と言っても包丁とかカミソリではダメですよ。やっぱり日本刀かなぁ、、『~ミリィ』も日本刀でしたが、今のアクションは日本刀が流行っているのでしょうか。

普通のきれいな女優さんが演じるような優しくて可愛らしい役より、異常で、人間ばなれして、恋愛なんかとは無関係で、歩いた跡には死人の山。強くて無慈悲な中にほんのちょっとだけ(ちょっとだけですよ)優しさがちらつくような役がピッタだと思うのですがどうでしょうかねぇ、、、(←くどいようですが、誉めてるんですよ。和田アキ子やデビル雅美がやったらふつ~でしょ。優しさがあったら退くでしょ)


実際に、しいな姫とお会いしたら、私。絶対、口がきけなくなると思います。
小さい時から、きれいな人を見ると『ドキッ』として、頭の中が真っ白になるように育てられたみたいです。
しいな姫から「大丈夫ですか?」と声掛けられても、恐らく、上がって火照って頬染めて返事もできずに頷くだけですよ。きっと。

私って、ホントにウブなんだから。
普段からバカなことばっかり言ってるとよく言われますが、悪いのは私じゃなく  周りの女性たちが・・・・・・・・


e_03.gif にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 

しいなえいひ(「椎名英姫」 この映画では かな表記になってたので、以下、かなでいきます)さん主演のSF・バイオレンス・血飛沫映画です。

現代より少し先の時代、警察は民営化され秩序を保とうとしている。ただし、あくまでも警察株式会社なので利潤を上げるための秩序。
そこには情状酌量とか慈悲とかいうものは、全く存在しません。

犯罪者を取り締まる(映画の中では軽犯罪と重犯罪の区別はなく、みんな殺すか重傷を負わせていたみたい)だけでなく、エンジニアと称される無差別殺人者達との抗争にあけくれている。
このエンジニアというのは、鍵型の腫瘍を埋め込まれることにより傷ついた箇所が武器に変形するというミュータントなのですが、ストーリーがすすむにつれて、この腫瘍の発生原因や悪玉の思惑が解明されていきます。

しいな姫演じるルカは、尊敬する警察官のお父さんが目の前で殺され、意志を継ぐ形で自分も警察官になり、エンジニアと闘うのですが、この殺し方、殺され方が派手なスプラッターとなってます。
SAWという映画が、ある程度時間をかけて体を痛めつけるのに対し、こちらの方は一瞬です。
あっという間もなく、頭は飛び散るし、腕は切断されるし、血の飛び散る量が生半可じゃありません。
しいな姫のおしりを触った痴漢なんぞは両腕切り落とされてしまいますもん。(あったり前ですよ。しいな姫のおしりを触ったんですもの、両足残っているだけ良かったと思わなきゃ。それでも不満そうな顔をしたら首を切り落とされますよ(^_^;))
その両腕から飛び散る血飛沫を番傘をさしてよけるシーンなんざ、昔の東映映画みたいでした。
立ち去る時のセリフが「痴漢は完全な犯罪です。」だってさ、、、
(えん罪だったらどうすんじゃぁ~とか、せめて指1本にまけとけやぁ~とか、やぼな事を考えてはいけません。被害者は美しいしいな姫だし、やりかえしたのも美しいしいな姫なんですもん)

このしいな姫の登場シーンもよかったです。
バズーカ(ロケットランチャーかも?)を持ってパトカーを降りれば、普通、敵のいるビルの最上階に向けて撃つでしょ。
しいな姫、そんな分かり切ったことはしません。バズーカを逆噴射させホバー代わりにして屋上まで飛んでいってしまいます。屋上に着地してから見栄をきるまでのシーンがこれまた色っぽいというか女らしいというか、このシーンだけで虜になってしまいました。

ボスキャラのエンジニア(キーマン)がユニークで、両目がカタツムリのツノみたいに飛び出してます。
あげくの果てにその両目から弾丸を発射します。(どうも弾無制限みたい。両目はどこで負傷したのでしたっけ?見逃したかな?)
もう一人、目玉が飛び出している女のエンジニアがいましたが、雨が降ったら傘さしても絶対濡れるなぁとかよけいな事を考えてしまいました。このあたりはまさにマンガの世界です。

他に、映画内のTVCMの「警官募集」は、スター・トゥルーパーを彷彿させてくれますし、「ストップ・ザ・腹切り」、「リストカット専用カッター」ってなんのパロディだっけ?かなり笑わせてくれます。

全体的に血や体の一部が飛びまくりなので、こういう映画で貧血を起こしたりした方は見ない方がいいのですが、グロさや派手さをしいな姫が持ち前の『静』と『涼』で中和させてくれてます。
主演をしいな姫にしたのは大正解だと思います。

この映画に警察機動隊隊長役で出演されている紅井ユキヒデさんのブログ
★Yukihide Benny's World.★邦画天国
を見せてもらったのですが、『東京残酷警察』の撮影風景やエピソードがたくさん掲載してありました。(^^)/
仕事中なのでざっと観ただけなのですが、他にも観たことがある映画(『ハード・リベンジ、ミリー』や『片腕マシンガール』、『ミートボール・マシン』)の記事もあって楽しめそうです。
『ハード・リベンジ、ミリー』の続編も今年の夏に公開予定だとか、、
(水野美紀さんがデビューしたての頃はアクション女優でいくのかなと思ってたんですよ。今度のは長めの映画だったらいいのになぁ)

この映画の最後では、自衛隊株式会社ができてしまう上に、キーマンと硫酸女子高生が連れ添ってどっかへ行くし、「more~~」というスーパーが出ます。
ということは当然続編があるということですよね。
主演はもちろん、しいな姫で。



話は変わるのですが、ベニー・ユキーデという格闘家っていませんでしたっけ?
マンガの主人公の名前でしたっけ?
いえ、『紅井ユキヒデ』さんという名前で思い出しただけなんですけど・・・


e_03.gif にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 


職場が引っ越したのだけれど、近くのコンビニ。
弁当あっためるの、セルフサービスだとさ。
以前居たところとそんなに離れていないのだけれども、ブロックが変わるだけで随分違うのね。
自分らぺちゃぺちゃしゃべってるヒマがあるのだったら、やればいいのに。
店、がら空きじゃねぇか・・・
翌日、別のコンビニにいったらそこもセルフサービス。同じくがら空き。
店同志で協定でも結んでいるのかしらん?

土曜日、図書館行く途中の千鳥ヶ淵では桜がたくさん咲いてました。
写真を撮ろうと思ったら、携帯、家に置きっぱなし(>_<)

ついでにもう一つ、テレビの上端に出ているアナログって文字うざくね?
どうせなら、朝、昼やってるように時刻の表示でもしておけばいいのに。
地デジでは表示しないのだから、時刻が表示されていれば、アナログだってことがわかると思うのだけれども。
わざわざ『アナログ』って文字を表示させてるのが気に入らねぇ。
サービスのつもり?



ちょっと、小さな鬱憤をはらさせてもらいました。

今、椎名英姫(しいなえいひ)という女性にちょこっと夢中になっております。
この人、ほとんど笑顔をみせません。
美人は冷たい感じがするといいますが、冷たい感じはしません。
肌に触れると冷たい感じがするところが好きです。
(私、甲は冷たく掌は暖かい女性の手が好きなんですよ(*^_^*)
「そんな人間はいねぇッ!」とよく言われますけど。(>_<))

この椎名姫。立ち振る舞い(歩く姿勢、座り方、しゃべり方、声、まなざし、その他etc,etc,,,全て)が静けさを醸し出しています。

美人なんでしょうかねぇ・・・?
可愛いというのではないので美人なんでしょう。
こういう書き方をすると、美人じゃないみたいですけど、美人なんですよ。
『害虫』や『EUREKA』、『スカイハイ劇場版』にも出演してたそうですが、記憶に残ってません。
(『スカイハイ劇場版』では、強い敵役がいましたが、その人かも・・・)

早速、『Open House』を借りて観ました。
このDVD置いていないところが多いみたいです。(4軒目でやっと見つけました。)
さらさらのロングヘアーが魅力の一つだったのですが、この映画ではショートカット。でも、ショートもいいです。(^^)/

この映画の感想は纏めるのに時間がかかりそうなので、後日にアップします。
考えようによっては、日常を描いたなんでもない映画なんですけど、言葉や文字で言い表せない心情を表現したような映画です。

他に、『アニムスアニマ』や『きょうのできごと』にも出演しているそうなので、借りて観ようと思ってます。(『きょうのできごと』は、『Open House』と同じ、行定勲(ゆきさだ いさお)監督です。)
他に、『オーディション』というホラー(サスペンス?)映画にも出ているのですが、サスペンスやホラーの棚でこの題名のDVDを見た記憶がないので、果たしてレンタル屋さんにあるかどうかちょっと気になっています。

ここのところ、また、ブログの更新が止まってしまいましたが、DVDは観てるのですよ。
やっとのことで、『ダークナイト』を観ることができました。(この映画って、感想が書きづらい映画です。考えれば考える程、どうにでも考えられる映画で、最後には「映画だから」という言葉でしか決着がつかないような、、見終わった時、スカッとはしません)
それに椎名英姫を知ったのは『東京残酷警察』を観たからです。(この映画では名前が『しいなえいひ』とカナになってました。改名したのかな?)
この映画も感想が書きづらい映画でした(ダークナイトとは違う意味で)。
”しいなえいひ”の良さを引き出すために作られた映画なのかも?
だとしたら、成功です。
続編があるような終わり方だったので、むしろそちらを期待してます。



昨日は美生で、今日は英姫。明日はだっれかなぁ~~(*^_^*)


e_03.gif にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。