上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォーリー
汚染された地球にゴミ収集ロボットを残し、5年間のレジャーと称して、大部分の地球人は宇宙船に乗って宇宙へ飛び立った。
しかし、真の目的は地球に植物が繁殖できるようになるまで、宇宙で生活することだった。

700年後、地球にはゴミの山とともにスクラップとなったゴミ収集ロボットもいる中、1台だけ活動しているロボットがいた。
名はウォーリー。
友達はゴキブリ(?)一匹だけで、ゴミの回収をする一方、ゴミの中から見つけたものを宝物として収集していて、ミュージカルを観たことで友達と手をつなぎたいという願望がでてきた様子。

そこへ現れた宇宙船から飛び出した探査ロボットのイヴ。
(つり目で、どちらかというとかなりの悪党顔をしてるのだけれども、ストーリーが進むにつれて可愛く思えてきます)
イヴは短気な強いロボットで、ちょっとでも動くものがあると、無条件に破壊します。
私は、最初、別の惑星から来たロボットかと思いました。
地球人が地球の生物を探査するために送り込んだロボットが、動くものを即座に破壊ってアリ?

なんとか仲良くなったウォーリーは見つけていた植物をイヴへプレゼントしますが、植物を発見するために地球へやってきていたイヴはそのまま、迎えに来る宇宙船を待つために待機状態(活動停止)に入ってしまいます。それを知らないウォーリーは故障したと思いこみ、屋上に引っ張っていって太陽光を浴びせたり、雨が降ると落雷に遭いながらも傘を差し掛けたり、とってもとってもいじらしい。

心配なウォーリーはとうとう迎えに来た宇宙船に飛び乗って、イヴを追いかけます。
到着したのは地球から飛び立った宇宙船の中で最も豪華なアクシオム号

宇宙船の中の人類は歩くどころか立つことさえもしない、全てをロボットまかせのグータラぶり。
おかげで体系は全員がおデブ。

地球に植物が芽生えたことを知ったアクシオムの艦長は地球へ戻ろうとするが、アクシオムのコンピュータが反乱を起こし、、、、



ウォーリーがイヴを追いかける様が、とても一途なんだけど、そんなウォーリーの気持ちにイヴが少しずつ気付いていくところが見事に描かれています。
ウォーリーとイヴの宇宙でのランデブーシーンがとても楽しそうで愛らしい。
ウォーリーとイヴ以外にも、モという名の神経質な清掃ロボットや傘ロボットなど可愛いロボットが登場します。


手を繋ぐというのが全編を通してキーワードになっているようだけど、よく意味がわからなかったです。


あと、日本語字幕では地球上の古新聞の記事や店の看板の一部が日本語表示になってますよ。
また、宇宙船のコンピュータの声をシガニー・ウィーパーが演じてます。この人、こんな優しい声だったんですねぇ。

評価 ★★★★☆




『読んだよ~。でもコメする暇ないよ~』って方は
おきてがみをば(笑)。後ほど訪問させていただきます。
置き手紙バナー緑小

ついでにポチッと→にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ e_03.gif
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 

スポンサーサイト
地球が静止する日
2008年アメリカ
私。可愛い人、もしくはきれいな人がファンになる男優はます好きになりません。
このキアヌ・リーブスもその一人。
他に、福山雅治とかジェット・リーとか・・・
特に嫌いというわけではないんです。
ただ、意地でも好きになりたくないというか、好きにならないと決めているだけで。(^_^;)
でも、だから映画を観ないかというとそんなことはありません。
今回のようにちゃんと借りて観たりします。

これには、他にも理由があって、ジェニファー・コネリー(地球外生物学者 ヘレン・ベンソン博士役)が共演しているのと、その息子(死んだ夫の連れ子ジェイコブ)役になんとあのウィル・スミスの息子(ジェイデン・スミス)が出演しているからです。
ウィル・スミスって凄いですよね
なんてたって、普通の地球人でありながら2度も宇宙人から地球を守っちゃうんですもん。
ジェイコブはお父さんがいない寂しさから、継母のヘレンに反発し名前で呼んでいるような状態。お母さんと理解し合えるのを見て宇宙人の心境を変化させるのだからかなり重要な役を演じてます。

ストーリーは、
宇宙人が瀕死状態の地球を救うために、その原因の根源である人類を説得しに来たのだが、攻撃を受けたために「こりゃ、駄目だ」と人類を滅ぼそうという手段に出ることに。しかし、地球人親子と接触が続く間に感化され、もう一度チャンスを与えようという、結構ありきたりなお話です。
背景には、地球は人類だけのものではない。というメッセージが込められています。

例によって、宇宙人の科学力は地球人のそれとは比較ができないほど発達し、キアヌ・リーブス扮するクラトゥを護衛するロボット(映画の中ではシリコンベースの合成物GORTと呼ばれている)は、あくまで専守防衛主義。

宇宙人の登場シーンでのアメリカ軍のパニック状態がリアルに描かれており、いかにもさもありなんという感じです。

遥かに科学力が勝っている正体不明の相手に対し、どのような対処をすればよいのか誰だって迷っちゃいますよね。

又、地球人の代表者に合わせろという宇宙人の要求に対して、対応するのはアメリカの国防省長官が対応するのだけれども、これは当然といえば当然。国連に連れていってマーズ・アタックみたいに全員殺されてしまう可能性もあるわけだし。
対応がかなり横暴に描かれてますが、どう対応していいのかわからないジレンマを感じさせます。
この国防省長官も最終的には話し合いをするよう、大統領に進言するのですが・・・


宇宙人の破壊兵器である虫の大群が、都会を廃墟にしていく様は迫力充分。
GORTが都会を破壊するのだったら、ゴジラが暴れてるみたいで地球全体を廃墟にするのに何年かかるんだよって話ですもんね。

テンポもよく100分を長く感じさせません。

人類は破壊的性質を持っているが、愛着を感じさせるという中国人(実は宇宙人)が登場してくるのは制作者の優しさなのでしょうか?

ヘレンの協力者であるマイケルがあっさり死ぬのは残念だったなぁ。もう少し活躍させてもよかったのに。


英字幕を付きの吹き替え版を見ているのですが、
ヘレンの先生であるカール教授が宇宙人のクラトゥを説得するセリフにこんなのがあります。
「窮地に立つからこそ進化する
危機に瀕して初めて人は変わろうとする意志を持つ」
It's only on the brink that people find the will to change.
Only at the precipice do we evolve.

また、父親のお墓の前でジェイコブとヘレンが和解するのを見て
クラトゥのセリフ
「人間には別の面がある」
There's another side to you

それと、ヘレンとジェイコブの命を救った後のキアヌのセリフ
「窮地に立ったとき、人は変わる」
At the precipice,
We change.

このWeに注目してください。

それぞれ、日本語のセリフに「人」という言葉が入っているのだけれども
最初のカール教授のいう「人」というのは「我々、地球人」。
次のキアヌの「人」というのは「あなた方、地球人」。
そして最後の「人」というのは・・・

脳は宇宙人だけど、体は地球人。
その地球人の体の何らかの影響を受けてWeと言ったのか、それとも地球人も宇宙人も同じように変われるという意味でWeと言ったのか?

「窮地に立ったとき、我々は変われる」と訳してくれた方が心にジーンとくると思うのですが、みなさんはどう思われます?


ついでにもうひとつ

球体が飛び去るシーンで
ヘレン: It's leaving

ジェイコブ:No, He's leaving

ItをHeに直したのは、キアヌが去っていくのが亡くなったお父さんと重なったから?
それとも、今までエイリアンは敵だと主張していたのが、自分たちの仲間だという心境の変化からなのでしょうか?





にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ e_03.gif
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 

ショーン・オブ・デッド
2004年イギリス 日本語吹替 英字幕アリ

~オブ・ザ・デッドシリーズは全て観てやると、一時大決心をしたのですが、とある美しい日本の女優さんに浮気をしておりましたので、僅か1週間ぐらいであきらめました。(^^)/

今まで、たくさんのDVDを観てきましたが、この度やっと、全体像を一言で言い表せる映画に巡り会えました。

イラッ。

登場人物が増えるたびに、その人物にイラッ。

私、以前にもどっかに書いたことがありますが、地震があった時にこれ見よがしに「キャ~~ッ」と叫びながら走り回る女性をみるとめちゃくちゃ腹が立ちます。
(後ろから蹴り飛ばし、金属バットで頭を思いっきりぶん殴って、穴に埋めてしまいたい衝動にかられる、かなりいい性格です。(*^_^*))

この映画に出てくる奴らときたら、どいつもこいつもKYのスーパーチャンピオン。
ゾンビ映画を観て、「あ~ぁ、ゾンビになりたい」と思ったのは初めて。
あの出演者を一人残らず腹を引き裂き、真っ赤に焼けた炭をつっこみ、「ギャ~~ッ、止めてくれ~~」という声を聴きながら、美味しそうに焼けたところからタレをつけて食ってやりたいです。(ホルモン大好き人間)

なんで、こいつら助かっちゃたんでしょう。
真っ先に死ねよ!おまえら!!

これ、私の周りの人達には、評判よかったみたいです。
何故か、みんな女性陣。
ホントにおもしろかったのだろうか?
どこが、おもしろかったのだろう?

女ってぇのは、ホントに謎の生物だ(^_^;)

ショーンの義理のお父さん役の声優さんは野沢那智さん?

ということで吹き替え版は★★☆☆☆
原語版 ★★★★☆




にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ e_03.gif
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。