上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そりゃなんてったって、しいな姫(椎名英姫)でございますとも(今は)。
『東京残酷警察』を観てからというもの、世界中で唯一の女性となってしまっています。

DVDを観てもあまりにも記憶がいい加減なので(先日書いた、目玉の飛び出したミュータントはミュータントではありませんでしたm(_ _)m)、一度にたくさん借りるのを止めて、1本1本をじっくり観ようと反省していたのですが、先週の金曜日(半額というのもあり)には、『アニムスアニマ』、『ホールドアップダウン』 、『Jam Films 2』、『ユリイカ』、『きょうのできごと』を借りてしまいました。(^_^;)
(残念なことに『オーディション』がない!! 澁谷の結構大きなお店に行ったのですが、置いてなかった(>_<) 真っ先に観たい映画なのにぃ・・)

なんといっても、しいな姫は、世界中で一番、刃物が似合う女性だと思っとります。(←女性たるもの、こういうふうに言われても嬉しくないでしょうけど、自分としてはしっかり誉めてるつもりなんですよ。『キル・ビル』はつまんなかったし、『ICHI』は主役がタイプじゃないので多分観ないだろうし。)
刃物と言っても包丁とかカミソリではダメですよ。やっぱり日本刀かなぁ、、『~ミリィ』も日本刀でしたが、今のアクションは日本刀が流行っているのでしょうか。

普通のきれいな女優さんが演じるような優しくて可愛らしい役より、異常で、人間ばなれして、恋愛なんかとは無関係で、歩いた跡には死人の山。強くて無慈悲な中にほんのちょっとだけ(ちょっとだけですよ)優しさがちらつくような役がピッタだと思うのですがどうでしょうかねぇ、、、(←くどいようですが、誉めてるんですよ。和田アキ子やデビル雅美がやったらふつ~でしょ。優しさがあったら退くでしょ)


実際に、しいな姫とお会いしたら、私。絶対、口がきけなくなると思います。
小さい時から、きれいな人を見ると『ドキッ』として、頭の中が真っ白になるように育てられたみたいです。
しいな姫から「大丈夫ですか?」と声掛けられても、恐らく、上がって火照って頬染めて返事もできずに頷くだけですよ。きっと。

私って、ホントにウブなんだから。
普段からバカなことばっかり言ってるとよく言われますが、悪いのは私じゃなく  周りの女性たちが・・・・・・・・


e_03.gif にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
どうもありがとう!(*v.v)。☆゜’・:*☆♪ 

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。